肌の調子を見ながら脱毛

肌の調子を見ながら脱毛

脱毛をしながら、ときにホルモンバランスが崩れたり、体調が悪かったり、妙に肌に刺激を感じるときがあります。当然女性なら、月経時など、肌が敏感になりますから、脱毛施術は避けたほうがいいのですが、デリケートゾーン以外なら施術を受けることができますので、ケースバイケースで相談してみましょう。

 

いつもは痛くもないのに、突然傷みを感じるときは、直ちに施術者にそのことを伝え、施術を中止して貰ってください。また調子の良いときに延期することにしましょう。

 

また、肌というのは、気候や気圧、湿度の変化にとても敏感です。季節によって脂性、または乾燥に傾く傾向がある場合は、最初に報告してください。だいたいのサロンでは、肌を保護する為にジェルを塗ったりしますが、場合によっては、そのジェルがあわないこともあります。

 

肌はとってもデリケートですし、ワキやビキニラインはとくに痛みを感じやすいところです。早くムダ毛を除去してキレイになりたいのはやまやまかもしれませんが、まずは急がば回れです。肌がそれらの施術に耐えられる状態のときに、しっかりと念入りに施術すればいいだけのことなのです。肌は一度傷んだらなかなか元に戻りません。そのことを忘れないでください。